歯周病の治し方!正しくケアして病気を治そう

歯周病のセルフチェックリスト

  • 歯肉の色が赤い、あるいはそれ以上に黒いか
  • 歯と歯の間の歯肉が丸く腫れているか
  • 歯肉を押すと白い膿か赤い血がでないか
  • 歯から異様な臭いがしないか
  • 歯が長く伸びてきていないか
  • 歯肉が退縮して歯と歯の間にすき間ができてないか

歯周病が引き起こす危険な病気ランキング!

no.1

血管障害

歯周病をもつ心疾患患者の死亡率は、通常の約2倍と言われています。歯周病菌が作り出す物質は心臓の冠状動脈内壁を肥厚させ、その結果、狭心症や心筋梗塞を引き起こします。血管障害は治療も難しいために、歯周病の予防はなるべくした方がいいでしょう。

no.2

誤嚥性肺炎

嚥下障害が原因で起こる誤嚥性肺炎は、歯周病とも大きな関係があると言われています。特に、口腔内の細菌が誤嚥し、体力を消耗した患者では、肺の中で歯周病菌が増殖して肺炎を引き起こしやすいです。

no.3

心内膜炎

歯周病菌は付着能力が強く、心内膜に付着し増殖することで、心内膜炎の原因になったりします。心内膜炎は風邪と間違えられやすい症状で、症状自体が強いわけではありません。ですが、閉鎖不全が併発する恐れもあるために危険度が高いです。

no.4

糖尿病

歯周病菌への免疫反応として、体内から放出されるサイトカインと呼ばれる物質は、糖分を細胞内に取り込む働きのあるインスリンに作用し、その働きを阻害します。その結果、血糖値がコントロールできずに糖尿病になったりします。

no.5

出産のリスク

歯周病菌を撃退する免疫反応としてサイトカインが分泌されることで、羊膜を破壊してしまう可能性が高くなります。また、プロスタグランジンという物質によって子宮が収縮するために、低体重児出産や早産の原因にもなりえます。

歯周病の治し方!正しくケアして病気を治そう

女性

歯周病の問題

歯周病は知らず知らずのうちに悪化してしまう恐ろしい歯の病気です。初期段階では、歯茎が腫れて炎症が引き起こされる程度のものですが、最悪の場合には歯が溶けて抜歯する必要もあります。そのため、歯周病かも?と疑問を抱いたら早急に治療することを心掛けておきましょう。今では、歯周病に対しての治療も様々なものがあり、大阪の歯科クリニックにて効果の高い治療を受けることが可能です。

歯医者で行われる治療

歯周病の治療として代表的な治療方法には、「スケーリング」と「ルートプレーニング」と呼ばれるものがあります。スケーリングは、スケーラーと呼ばれる医療器具を使用し、歯磨きでは取り除けないような歯石やプラークを除去します。スケーリングは歯周病の基本的な治療方法でもあり、保健診療ならば1000円ほどで治療を受けることができます。一方、ルートプレーニングはスケーリングでも除去できない歯の根っこの部分を平らにさせ、細菌感染から歯を保護することを目的としています。治療費は歯1本あたり200円ほどが相場とされており、どちらも歯周病の治療としては適切な治療方法です。

セルフケアが大事

歯周病の予防・改善には、セルフケアも重要なポイントになります。柔らかめの歯ブラシを使用する、自分に合った歯ブラシの持ち方でしっかりと磨く、歯と歯茎の境目を丁寧に磨くなどを心掛けるだけでも、歯周病の対策になります。また、歯周病ポケットにプラークを溜めないようにするために、歯間ブラシとデンタルフロスを併用するというのもいいです。

広告募集中